読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島行ってみた!~日本全国の島一人旅~

まだまだ日本も捨てたもんじゃない!島一人旅!

【男木島は猫島か?】男木島で猫を探す旅してきました。

諸君、私は今、猫の島にいる。

男木島は猫島と呼ばれているらしい。

インターネットでも多数記事が上がっている。

猫好きな私はもちろん調査に向かった。

【男木島は猫島?目次】

 猫島とは??

日本には猫の島と呼ばれる島が複数存在するのを知っているかい?

 

猫島と呼ばれる由縁はその名のとおり、猫がいっぱいいる島のことを猫島というのだそうだ。

めっちゃいっぱいある。

 

宮城県の田代島とか

 

神奈川県の江の島

 

岡山県の真鍋島

 

愛媛県の青島

 

福岡県の藍島などなど全国に猫島はたくさん存在する。

猫だらけ!猫好きの楽園「猫島」がすごい ~青島・田代島 - NAVER まとめ

 

うう・・・行きたい!!!

 

 

そんな中のひとつ香川県の男木島も猫島の一つだという。

【猫島】猫の楽園☆男木島が猫だらけ過ぎて猫ファン必見 - NAVER まとめ

 

 

オイオイオイオイオイオイオイー!!マジかよぉぉぉー!!!

 

猫好きな私は心を躍らせながらカメラを片手に「男木島」へ渡りました。

※前日に高松まで移動して宿泊。翌日の1便で男木島へ行きました。

 

男木島港(案内所)周辺に猫はいるのか? 

男木島は周囲が5km程度で歩いて島を回ることができる。

また、猫は港か集落にしかいないということなので、私は自分の猫センサーを信じて島を探索する。

 

f:id:camelstation:20160814014323j:plain

男木島のシンボルともいえる男木島の港。これもアートなのだよ。

 

f:id:camelstation:20160814014322j:plain

中には手書きの掲示物がまたカワイイ!!

 

ん??下に猫の絵が描かれている。やはり男木島は猫の島なのか!?

周辺にはアートの島というだけあって、あちこちにアート作品が見れる。

f:id:camelstation:20160814013831j:plainアート作品には作品番号があるので、いっぱいみたくなる。

 

 

こ、これがアート・・・・。独特なものなのだな。現代アート。。。

 

f:id:camelstation:20160814013833j:plain

 

f:id:camelstation:20160814013830j:plain

シュールな絵がかいてある。 なんてワクワクする島なのだろうか・・?

自分の猫センサーを信じて探すも・・・・

 

結果:男木島案内所周辺には猫はいなかった。

 

 

男木漁港を探してみました。

漁港には猫がいる。っというのは全国共通だと思っている。

f:id:camelstation:20160814013851j:plain

なぜなら漁港には魚がいるからだ。魚がいれば、おさかな咥えたドラネコ~という歌があるぐらいなのだから魚を咥えた猫の一匹や二匹いてもおかしくないだろう。

ネットでも漁港にいると書いてたからなぁ~。

 

f:id:camelstation:20160814013854j:plainここにもアート作品が!!チーム男気!!の男木プロジェクト!!なんて素敵な名前なのだろうか!?

f:id:camelstation:20160814013852j:plain f:id:camelstation:20160814013900j:plain f:id:camelstation:20160814013856j:plain

アートを楽しみながら猫を探すことができるなんて、なんて心ドキドキすのでしょうか?

もうぉー!ネコちゃんたらぁ~。じらすんだからぁ~どこだよー(ハート

 

・・・・・

 

 

・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

結果:・・・・・・猫はいませんでした。

 

島の外周(フェリーから降りて左側)を探す

男木漁港には猫はいなかったのでそのまま島の外周を歩いてみてまわる。

 

f:id:camelstation:20160814013904j:plainアート作品がこの先にあるらしいのだよ。

ついでだから見に行きました。

 

f:id:camelstation:20160814013931j:plainf:id:camelstation:20160814013911j:plain

海岸線沿いに歩いていくとアート「歩く方舟」がひょっこり姿を現します。

ひょっこり現れる現代アートも島の魅力のひとつです。

この辺までくると・・・・

f:id:camelstation:20160814013910j:plain f:id:camelstation:20160814013909j:plain

ギャァァァァァッァアアアアアアアアアアアアアアアアアアー!!!

写真ではわかりませんが、ミミズとセミの死骸のオンパレードです。

女性の皆様や虫嫌いな男子は気を付けてください。

足の踏み場もないレベルでたくさんの躯があなたを待っています。

ギャアアアアッァァアー!!(本気で嫌)夏場に限る話かと思います。

 

結果:海岸沿いには猫はいませんでした。

 おぞましいほどの虫の死骸に遭遇します。

 

 

 

 

そう思い、引き返すと・・・気になるポスターが

 

さくらねこポスター。さくらネコって? 

f:id:camelstation:20160814013936j:plain

桜のように愛してほしい さくらねこ

というポスターがたくさん貼られていたので調べてみると

blog.livedoor.jp

 200匹以上いる男木島の猫たちに不妊手術やケガの治療をしたらしい。

さくらネコは耳に切れ込み?が入っているネコを指しており、治療済の証明だそうだ。

 

 

 

まさか、もしかして猫は島から移動したのかな??

 

 

あ!!

 

さくらねこポスターのある海岸線沿いにネコはいてた

f:id:camelstation:20160814013937j:plain

1匹のネコが!!

 

(*´Д`*)ああぁぁぁぁー!!ネコーネコーハァハァハァ・・・・。

 

ネコォォォー!!!興奮!!

 

 

 

興奮??

 

 

ン?

 

 

あ、あれ・・?

 

 

 

 

ネコー!!と、ネコ1匹に観光客が1人、2人、3人、4人、5人、6人とネコよりもはるかに多い人間が集まっていた。(驚愕)

 

 

結果:やっぱり漁港に猫いてたけど、人のほうがたくさんいてた。 

 

 

 

島の中心、豊玉姫神社で探す。

 

私は猫を探して島の探索をつづけた。

 

~いつでもさぁーがしているよ~

 

どこかにキミの姿を~

 

向かいのホーム~

 

路地裏の場所~こんなとこにいるはずもないのに~

 

 

山崎まさよしを歌いながら私は島を歩き続けた・・・・

f:id:camelstation:20160814013940j:plain f:id:camelstation:20160814013939j:plain

f:id:camelstation:20160814013942j:plain f:id:camelstation:20160814013941j:plain

f:id:camelstation:20160814013950j:plain

 

猫はいない・・・・・?

 

島の中央らへんに位置する寺、豊玉姫神社へ・・・

f:id:camelstation:20160814013958j:plain f:id:camelstation:20160814014012j:plain

 

豊玉姫神社に猫はいてた。

おや??

 

f:id:camelstation:20160814014003j:plain

神社に猫が・・・!!

 

あぁぁぁー!!

 

猫ぉぉー!!

 

f:id:camelstation:20160814014004j:plain

 

かわいい!!

 

f:id:camelstation:20160814014008j:plain f:id:camelstation:20160814014005j:plain

f:id:camelstation:20160814014007j:plain

かわいいすぎる!!!ここでも1匹だけだった。

1匹につきカメラマンが4名ほどついていた(私を含めて5名に)

うれっ子のモデルのようだね。

 

だけど、激カワイイ!!!ひゃぁぁぁー(*´Д`*)ーーーーーーー!!

 

 

 

結果:神社にモデルのようなネコいてた。

 

 

 

神社周辺をさがす

まだ2匹しか見ていない・・・・

 

でも私のネコセンサーが反応している。

 

ネコがいると!

 

 

この辺に猫いるでなぁー!!

 

すると。。。

 

階段の下に人が集まっている。

 

 

f:id:camelstation:20160814014038j:plain神社のちょうど入口のところです。

 

人の集まるところ・・・それはネコのいるところらねん!!

(何か不思議を感じはじめたよ。見たかったネコってなんだったっけ)

 

 階段下の藪の中に猫たちが、、、

 

 

f:id:camelstation:20160814014013j:plain f:id:camelstation:20160814014014j:plain

f:id:camelstation:20160814014015j:plain f:id:camelstation:20160814014017j:plain

f:id:camelstation:20160814014034j:plainf:id:camelstation:20160814014035j:plainf:id:camelstation:20160814014037j:plain

f:id:camelstation:20160814014036j:plain

 

親猫さんと子猫さんがいてたよー!!!4匹くらい。

 

(*´Д`*)ネコネコ!!(*´Д`*)ハァハァ!!

 

 

結果:神社入口の藪の中に猫はいてた。

 

 

 

坂道だらけの町の中を探す 

 坂道だらけの島なんです。

島って坂道だらけの路地だらけな場所が多いですよね。

だってそもそも島ってな山だって話ですからね。

島の中心は山の山頂みたいなものなので、坂道ばっかりが普通だと思うワケです。

前回調査した家島や坊勢島もそうだったものね。

 

 

simaweb.hatenablog.com

simaweb.hatenablog.com

 

そしてここ、男木島!!

 

やっぱり細い路地、坂道がいっぱい!!

とっても魅力的です。もうーたまらないわw

 

f:id:camelstation:20160814014052j:plain f:id:camelstation:20160814014053j:plain

 

天気もいいし最高ですね★

 

そんな路地の中で出会いました。

 

 

f:id:camelstation:20160814014048j:plainおーう、ダラダラしてる猫たちおったでよー!!

 

f:id:camelstation:20160814014039j:plain f:id:camelstation:20160814014040j:plain

f:id:camelstation:20160814014043j:plain f:id:camelstation:20160814014046j:plain

 

首輪がついているところを見ると・・・・・

 

飼い猫さんかなぁー。さっきまでの猫とはまた雰囲気が違います。

 

 

近くに看板が・・・・・

 

f:id:camelstation:20160814014045j:plain

 

またこの看板はあちこちに・・・・。

結果:神社下の民家に飼われてるネコがいてた。立ち入り禁止。

 

 

男木島灯台・島の外周(フェリー降りて左側)を探す

フェリー降りて左側の島の外周を探してみる。

片側にいない場合はもう片側にいてるものだ。

表裏一体、左右同様、安全確認右見て左見てっていうことだ。

島の左側には男木島灯台があるらしいのだよ。 

 

ぜひとも調査やで!!

 

f:id:camelstation:20160814014151j:plain f:id:camelstation:20160814014153j:plain f:id:camelstation:20160814014210j:plain

f:id:camelstation:20160814014212j:plain f:id:camelstation:20160814014213j:plain f:id:camelstation:20160814014215j:plain

 

長い道のりだったし、また・・・・・

 

 

虫!

 

 

ギャァァァァァアーーーー!!!死骸ギャアアアアアアーーーーーーー!!

ミミズギャアアアアアアー!!カエル死骸ギャァッァァァァァーーーーー!!!

ムカデ死骸ギャアアァッァァァアアアーアーーーー!

フナ虫ギャァァァッァァァァーーー!!

 

f:id:camelstation:20160814014155j:plain f:id:camelstation:20160814014205j:plain

 

 

男 木灯台はすごく美しいかったです。

 

結果:島の外周(男木灯台側と灯台)にはネコはいなかった。道中の虫の死骸気を付けて。 

 

まとめ

男木島で見たネコは全部で1匹+1匹+3匹+4匹の合計9匹だった。

どこいった!?

どこいったのネコたちは!!!

インターネットで騒がれるほどの猫は発見できなかった。

今は国際芸術祭中なので島に訪れる人が多く、ネコが隠れてしまっているかもしれない。

来年もう一度見にきたいと思います。

 

【調査結果】 

① 今回の調査では男木島ではたくさんの猫を発見することはできなかった。

②あちこちに「ここ民家です。立ち入り禁止」の看板

ネコを探す方、アートを楽しむ方はモラルを守って島を楽しみましょう。

③ネコだけじゃない!アートも雰囲気も楽しかった。

④虫の死骸とフナ虫が強烈に嫌いになった。あとセミもこわい。

⑤歩いて一周回れる。道に迷ってもすぐに脱出できる。

 

 

 

 

以上の調査結果となりました!!

 

ご愛読ありがとうございました!!

 

お気に入りまいたらシェアいただけると次の旅の励みになります。

 

記事書いた人

f:id:camelstation:20160816110334j:plain

一人旅で島をあちこちいったりきたりしています!!

 たまにマジメな記事書きますが普段はもうなんかうん〇みたいな記事ばっかりです。

旅の記事はすべて個人の感想、体験談、体当たり記事です。よろしくお願いいたします。

PHOTO:腐ったみかん

ツイッターhttps://twitter.com/camelstation

インスタグラム:https://www.instagram.com/kubota0515/

 

関連書籍

 

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

  • 作者: 北川フラム,瀬戸内国際芸術祭実行委員会
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2016/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

青島・田代島にも行ってみたなぁー。

 

 

猫島 14人の住民と200匹の猫の島 - 愛媛・青島

猫島 14人の住民と200匹の猫の島 - 愛媛・青島

 
田代島猫景色

田代島猫景色